企業の福利厚生を知ろう~安心できる福利厚生~

Shake hand

アプリの活用

情報共有ツールでよく利用されているのが電子メールやグループウェアといったアプリケーションだ。しかしより効率の良い連絡手段を取れるように、SNSを利用する企業が多くなってきているのである。

Read More

企業の福利厚生

これまでは各企業が独自に福利厚生施設を所有するケースが主流

企業の福利厚生と言えば、従来は保養所や研修施設などの名称で福利厚生施設をそれぞれの企業が独自に所有し、社員に対してサービスを提供する形が一般的でした。避暑地やリゾート地などに行くと、企業の保養所や研修施設が別荘地などのエリアの中にひしめき合うように存在している光景を目にすることはよくあります。しかし、現在はどこの企業も資産を極力縮小する流れにあり、自社ビルをや会社所有の社宅を所有している企業もどんどん少なくなっている時代です。そのような流れに則って、保養所や研修施設などの施設を会社が保有するという形態も縮小傾向にあります。加えて、福利厚生施設は全社員が均等に利用するわけではありません。施設の維持費用は会社が負担するわけですから、社員によって利用具合に偏りのある施設に対して会社が費用を負担することが社員に対する不公平につながるという解釈もあり、会社所有の福利厚生施設は減少しているのです。

今後はアウトソーシング化が進んで行く見込み

会社所有の福利厚生施設に変わって主流となってきているのが企業の福利厚生を対象にサービスを提供している事業者と契約する、福利厚生サービスのアウトソーシング化です。こうしたサービスを活用すれば、企業は資産を所有する必要がなくなります。また、提供されるサービスの種類や数も無数にありますから、利用者となる社員にとってはより多様な選択肢が提供されることになり、福利厚生サービスの利用状況の社員ごとの差が縮小されやすくなります。そこに、企業ごとにサービス利用時に一定の利用料金に対する補助を出すなどの形で、福利厚生の充実と利用の促進を図る企業が増えています。以上のような理由の下、福利厚生サービスを会社の資産として保有する施設の提供から、アウトソーシングに移行する流れが今後ますます加速化することが見込まれているのです。

社内での情報共有

社内での情報共有は非常に重要なものであり、社内の仕事を円滑に行っていくには必要不可欠なものです。会社全体で業績を上げていくためにも日頃からミーティングなどに力を入れましょう。

Read More

システムを活用

情報を共有することは何かしらの作業を行なう際には重要な物になってきます。情報共有システムを活用することでそういった情報の共有が効率的に行える様になり、作業も非常にスムーズになります。

Read More